2009年07月30日

箱根にて

箱根に行った。

箱根に行ったのは、
実は私は行ったことがすごくあって、
10回くらいはある。


それで、
今回は私的にはちょっと高いと思うけど、
一泊2万円の「あうら」というホテルに泊まった。

まだ、
1周年も経っていないような新しいホテルで、
60年も経ったようなホテルが混在している箱根で、
ここに泊まったのが良かったのか悪かったのかはわからない。

でも、わたしは嬉しかった。

今度は山のホテルのランチに日帰りで行くのがいいね
という話になった。
posted by 矢沢雪 at 12:24 | 嬉しかったこと

2009年05月07日

鎌倉から横浜

ゴールデンウィークは、
ありきたりだけど鎌倉から横浜に行って、
別の日にコンサートにも行った。

コンサートは
ダンスやパフォーマンスは完璧だったけど、
一度もMCがなかったので、
ハッキリ言ってあまり面白くなかった。

で、次は鎌倉から横浜まで行ったのね。
久しぶりに鎌倉に行ったけど、
すごく面白かった。

いろいろとあったんだけど、
それから横浜に行ったわけ。

それで、
横浜には開港150年記念で赤レンガ倉庫に行って、
まぁ、ザーザー降りの雨だったので、
私は車からは降りずに、横浜を1〜2周した。

馬車道とか、関内とか、あとは港の見える丘公園へ行って、
外人墓地を回ってきたんだけど、
やっぱり、外人墓地や港の見える丘公園って好きだなって。

やっぱり、横浜が好きだなって思った。
posted by 矢沢雪 at 12:32 | 嬉しかったこと

2009年03月12日

私の気持ちは、歩くことと書くこと

2007年の12月13日に倒れてから、
正直に言って、嬉しいと感じることはほとんどなかった。


退院した直後は
自分の髪型を気にすることもなく、
大好きだった音楽も、聴くことがなかった。


倒れた当初から比べると
最近ようやく髪型を気にするようになった。

最近タワーレコードに行ったり、
洋服を見たり、本屋に行ったり
いろいろ見ている自分に気づくと、
ずいぶんと色々な事に関心が出てきたと思う。


ただ、
歩く事と書くことが私にとって、
趣味って言うか、生活の中心だったので、
この2つが無くなった事が、
悲しくって仕方ない

歩く事と書くことが出来れば、
私はそれでいいので,
どうか叶いますように。
posted by 矢沢雪 at 12:40 | 嬉しかったこと

2007年11月26日

芸術に触れた一日。

本日、前から行ってみたかった近くの教会へ

07-11-26_13-20.jpg

ステンドグラスがとても美しい。
これは150年前のイギリス製とのこと。

夏がオススメです、といった。採光の関係でとてもステンドグラスが美しくみえるのが夏だという。

ここはたまにドラマのロケに使われたり、わりとメジャーなアーティストがミニコンサートを開いたりします。今度BSの吸血鬼というドラマのロケ地にもなるそうです。

そんな話をしながら案内係の女性が、私にパイプオルガンの自動演奏を聴かせてくれてた。

07-11-26_13-21.jpg

荘厳な場所で、響く音。

パイプオルガンの音色はあまりにきれいで、私を魅了した。

次に私を案内してくれた部屋。

そこの部屋には本物のシャガールがたくさん飾ってあった。

私が喜んでいると「好きなだけみてください。表にあったのはレプリカですけど、この部屋のシャガールは全部本物ですから。シャガールの出エジプト記・モーゼの十戒です」といった。

まるで美術館にきたようで得した気分で見てまわる♪

本日は美しいステンドグラスとパイプオルガン、そしてシャガールに出会えた素敵な一日でした。

あなたも私(矢沢雪)と一緒にラブ&ハッピーについての『新しい自信』を手に入れませんか? 
posted by 矢沢雪 at 21:55 | 嬉しかったこと

2007年11月09日

『なりたい自分』のスタートラインにたてました。

07-11-09_11-46.jpg

ずっと悩んでいた個人的問題がようやく解決しました。

目的達成です。

4年がかりで、一緒に取り組んでくれた魅力向上コンサルティングの齋藤先生に感謝します。

ようやく『なりたい自分』のスタートラインに立てました。

自分が主役の人生だから、誰よりも後悔したくないの。

自分が主役の人生だから、後悔しない30代にしてみせます。

ようやく別人格加速計画スタートだ〜!

人は変われる。

「なりたい自分」になれる。

これからも、がんばる。

**ゴールはまた新たな目標のスタートだね!**

posted by 矢沢雪 at 20:49 | 嬉しかったこと

2007年10月03日

赤坂にて、打ち合わせ。

昨日は、ひさびさに『作家モード』でした。

某出版社で打ち合わせ。

編集者のK様、いつもご尽力頂いているH様、お世話になりました。

楽しかったですぴかぴか(新しい)

そして、本当はその帰りにとあるステキな場所に寄り道しようかと思ったのだけれど、家が遠いので(東京とは名ばかりの山奥ですから〜)おとなしく帰りました。

やっぱりステキな場所は、ゆっくり訪ねようと思います♪

07-08-21_12-55.jpg

近くのコスモスロード。
posted by 矢沢雪 at 23:06 | 嬉しかったこと

2007年08月12日

まぎれもなくしあわせな光景。

私はここ3年くらい自分のめざす成功者像にむかって歩いているので、普段は自分の好きなことをして稼ぐ道を常に模索、実践、試行錯誤、軌道修正、その繰り返しで、とりあえず、有名作家の日常を模倣して(潜在意識活用中のため)たくさん歩いております。(クリエイティブな仕事をする人は大抵歩いてますよね。そうしないと、アイデアが降ってこないこと、知っているせいもあると思います)

歩くのは、運動が苦手な私の唯一のダイエット法でもあるし、できるだけ歩いて、自分の気に入った場所をいくつか持ち、お気に入りの飲み物を飲んで、何か書くという作家生活は、わりと板に付いてきました。(年単位で、そのような生活をしていれば、誰っだって板に付きますよね)ただ喫茶店で何かを書いているだけで、知らないおばさんから「なんか普通の人とは違うわね..」なんて声をかけられることも、あるんですよ♪(潜在意識活用とは、なりきることですから)

ところで昨日からお盆休みという方も多いのではないでしょうか? (会社におつとめの方)もちろん業種によっては一概にはいえませんが、私の彼もサラリーマンなので昨日からお休みです。

07-08-11_14-39.jpg

お盆休みのスタートはいつも、私との外食からスタート。

07-08-11_14-48.jpg

私は炭水化物を極力避けているのですが(ダイエットのため)彼の梅おろしうどんをシェアしてもらっている場面。

たいてい少し小皿にわけてくれます♪

梅たっぷりのうどんは、夏ならではの美味しさがありますね。

語らい、食、そこに愛

まぎれもなくしあわせな光景。
posted by 矢沢雪 at 11:40 | 嬉しかったこと

2007年07月23日

ハネムーンのお裾分け

トルコ.jpg

昨日、妹夫婦からもらったハネムーンのお土産の一部です。トルコ語が読めないから、スープなどは絵を見て作るしかないのですが、しあわせなカップルのお裾分けは遠慮なく頂いて、ますます『ラブ』&『ハッピー』を強化したいと思います。

私は昔から...仲の良いカップルを見るのが大好き。揺れるハート
posted by 矢沢雪 at 21:32 | 嬉しかったこと

2007年07月22日

仲よきことは、美しきかな

今夜は先月結婚した妹夫婦と、おしゃれなイタリアンレストランディナー。

仲睦まじい新婚カップルと一緒にいると、ちょっと華やいだ気持ちになりますね。

まさに『仲よきことは、美しきかな』です。

07-07-22_19-15.jpg(←妹夫婦)

会話内容は、『ハネムーンの話やオススメの観光地』と旅行の話がメイン。

義理の弟のオススメは、阿蘇、高知、山陰地方など(西日本の人なんで)そして「僕達、氷河期世代なんで、旅行もシルバー旅行が好きなんですよ」っていうんです。私が「シルバー旅行って?」というと「温泉めぐりですよ。温泉めぐりなんて50代とか60代の人が好きそうでしょう? おねえさんの世代ってちょっと派手な雰囲気が好きじゃないですか? バブルかじってるから」

といわれて、う〜ん、確かに。そういわれてみると、ちょっと派手な演出が好きな世代かもしれないな〜って思いました。そんなにド派手な演出とかも苦手だけど、シルバー旅行が好きとはちょっといえないかな...。ちょいバブルかじってるから、なんだかんだいっても高級ホテルとか、だ〜いすき!!(笑)

まあ、世代の風って多少はあるかもねぴかぴか(新しい)
posted by 矢沢雪 at 23:25 | 嬉しかったこと

2007年04月10日

グレーというよりも二藍だった。

CDとか数少ない本も売ろうとおもって整理しています。と、講談社の「日本語大辞典」(7300円もする辞典)がでてきた。これは実家をでるとき、父親の機嫌のいいときを見計らってもらったものですが、もらったけどゼンゼン読まないし、これ売ろうと思っていたのだけれど

売るのをやめた。

...日野原重明「監修」ってある。それも気が付かなかった。

なぜ売るのをやめようと思ったというと、最近色に興味があって、その辞典の付録のようなところに、なんとなくマニアックなカラーバレットがのっていたから。

紫でもいろんな種類があるんですね。自分の数少ない服をこの色パレットでみると、グレーだと思っていた色が二藍という色に近いということがわかって、嬉しくなりました。

07-04-06_14-58.jpg

これは近くの病院の前に咲いてるサクラ。
これを見ていたら、患者さんもとても和むのではないかしら。

------------

ichiさんソロデビュー!おめでとう★

どんどん飛躍してて、すごいですね。
posted by 矢沢雪 at 11:53 | 嬉しかったこと

2007年03月02日

母のこと

私の母はひとことでいえば気遣いの人。

控えめで上品でキレイで料理が上手な書道家です。そして、見返りを求めない無償の愛を持っています。子供を四人も産んだと思えない体型。昔よく私に自分はブスだっていってたけれど、私は子供心に近所で二番目にキレイだと思っていました。(近所にすごいきれいなおばさんがいたんで、その次)

子育てが終わったら、こんどはおばあちゃんの介護。一生人の世話で終わることが、私の喜びだからと生きれる強くて美しい人。そして、自分と正反対の私の性格(いいたい放題、やりたい放題の娘)を羨ましがったり、時にあきれたりしてるみたい。

私の両親はお見合い結婚。
厳格な父と控えめな母という組み合わせ。

2月は私の誕生日。いつもお花を送ってくれるけれど、今年は蓬莱のヤムチャセット!
posted by 矢沢雪 at 12:04 | 嬉しかったこと

2007年01月27日

はじめての謹呈はZEALのボーカリスト

本日発行のメルマガにも書きましたが、本日ZEALというアーティストに出会いました。この人たちは、将来有名になると直感しました。

●ZEALの衝撃

席にすわって、ボーカリストのイチさんとうい方の声を聞いて、ものすごい衝撃を受けました。もちろんみなさんすばらしいです。みなさんがすばらしいです。

その声とその曲に、涙がでました。

なんてすごい曲なんだろうって思ったんです。

彼等は来月「ここにいるよ」という曲で、勝負を賭けます。ちなみに、タワーレコード予約チャート第一位(07.01.17現在)です。

未来の大スターに逢ったと直感して、私は震えました。「ここにいるよ」という曲は、イチさんが作った歌で「与える愛」「君を幸せにしたい」という内容を、ものすごい美声でせつせつと歌い上げるもの。あまりにすばらしいので、二時間待って、(夜の部)三回目ははじめから最後まで聴き惚れました。

私は、その後どうしても自分の本を謹呈したい気持ちを押さえることができなくて、ライブが終わってから、彼等のもとにかけよりました。こんなにすごい人たちなのに「腰が低い」「人柄の良さ」そして「未来の大物」という雰囲気をあわせもっていて、ほんと感動しました。

とにかくすばらしい。

ZEALのリーダー、彼の1月27日の日記をみてください。

http://yaplog.jp/m001m001/

行動が早いですね! さすが、未来の大物は違います☆

私はこの感動を忘れません。

私がはじめて「謹呈」したのは、ZEALのイチさんということで、とてもうれしいです。大阪府枚方市のほうで、結構有名らしいです。枚方市公認チャリティーソング「うぃーらぶひらかた」という曲を歌っているからです。

アルバム『らぶ』の第一曲めに収録されている「ここにいるよ」

ぜひ、聞いてみてね! 鳥肌立ちますよ。

ZEALとは情熱、熱意という意味....私もよく「情熱的」といわれるので、そのへんも波長があっているようです。やっぱり「これからあがってく人たち」の波動って、最高ですね☆

タワーレコード予約チャート第一位!!(07,01,17)

アルバムタイトル「らぶ」 ZEAL 2/7 発売! 
HPと視聴はこちら http://www.ascrecords.jp/PC/zeal.html

ZEALの「らぶ」(2/7発売)とあわせて買いたい「絶対恋愛術」♪

posted by 矢沢雪 at 23:28 | 嬉しかったこと

2007年01月09日

私は会いたかったよ、と言える女性

昨日、ウェスティンホテルのラウンジでお茶をする。

07-01-08_15-00.jpg

羽子板と梅の花をソースで書いてくれた。粋だなあ。

07-01-08_14-59~00.jpg

私「あたしもう、あなたくらいしか友達いなくて〜」
友人「...あたしは会いたかったよ」
私「え?」
友人「あたしは会いたかったけど、雪ちゃんが、執筆だけに没頭するからって、誰とも会わないって言うから!」
私「あははは! だってあたしにとって、やっぱり企画出版って、大事なことだったのよ。それだけに没頭したいという状態だったから、あんまり余裕なかったかもしれないね」

07-01-08_16-47.jpg

私「だって、いままで習い事でも何も続かない人だったから、好きなことくらいカタチにしたいっ、プロになるっていう思いが強くて」
友人「うん、習い事ね。あたしも教室とかダメだから」
私「やっぱり? あたしもダメなのよ...。なんか余計なことに気を使いたくないから、マイペースにできるものしか続かない。気疲れすることは排除してる人生だから、あははは!」
友人「でも、あまりにノンストレスっていうのも、よくないんだってね」
私「やっぱりそうだよね...」

07-01-08_18-30~00.jpg

「私は会いたかったよ」と言える女性っていいね☆
この言葉、今年はじまって、一番嬉しかった言葉です。

恵比寿ガーデンプレス 有名なバカラのシャンデリア。

何位でしょう?
posted by 矢沢雪 at 12:00 | 嬉しかったこと

2006年12月01日

長ねぎ&サラブライトマン、そして本の売れ行き

本日、長ねぎとこのアルバムを買いたくて、街へ。。。

そのついでに、本の売れ行きなどを調べて回る。本が売れないというご時世ですが、10冊積んでくれていたお店でなんと残が7冊(3冊売れてた!)5冊積んでくれているお店で残4冊(1冊売れてた!)これってスゴイことなんですよ。「風邪引いて寝てるあいだに売れてる〜、寝てるほうがチョコチョコ見にいってる時よりも売れるのだろうか?」と思い家路に戻れば、友達から携帯メールあり。

**転送元のメール**
有楽町の三省堂で『絶恋』を発見!すごいぞゆきちゃん!

 200611301910000.jpg

なんと携帯で写真を撮ってくれた模様! それにしても「絶恋」(ゼツコイ)と呼んでくれているとは「この言葉いい〜、流行らそう♪」って思いました。私の書籍は「ゼツコイ」と呼ばれているんだ、というか、そう呼んでほしいな。

サラ・ブライトマンとあわせて買いたい『絶恋』
posted by 矢沢雪 at 21:35 | 嬉しかったこと

2006年10月18日

可愛い妹

私は、三姉妹+弟がいます。

一番末っ子の妹の結婚が決まって、とってもうれしいです。

お相手の方も、と〜っても、ゆっくりしゃべる誠実な彼! なぜ、ゆっくりしゃべる男性がいいのかは、書籍「絶対恋愛術」を御覧下さい。

末の妹は、私が小学生の時に生まれたから「いつまでも小さいイメージ」があって、すごく可愛い。次女は友達みたいな関係。弟は男だから、あんまり話がないので、疎遠ぎみ。

三姉妹で、ドライブとか旅行とかよく行ったね。そんな時間も、今となってはとても短い。だって、一緒に暮らして、スリーシスターズトラベルしても、各々好きな人のところへいってしまうと、スリーシスターズで遊びにいくのが、大変になるから。でも、そうでなきゃ! 女は、好きな人のところへ飛び込めなきゃダメ。


「あなたが私を愛してくれたら、私も愛する」
「私は美人だから、私のこと、好きになってくれるよね?」

みたいな女は、あたしが男だったら、ちょっと勘弁してほしい。私は多分、そういう女性って、好きにはなれないと思う。

★私たち三姉妹の恋愛が、なぜ上手くいくのか

それは、相手の男性を信じきって、ただ「彼を愛する女」に、徹して、愛を貫く姿勢があるからだと思う。


あと、古く感じるかもしれないけど...


まあ、いいや。


この話って、かなりヘビーになるから、また、いずれ♪



本日は、このブログを絶対見てない事を良いことに、彼女のメールをのせます。(バレたら、すっごく怒られそう)

--------------------------------------------------


お姉さまへ

ご無沙汰しています。

以前話していた通り、無事にメジャーデビューできたんだね。

おめでとうございます。

今度本屋さんで探してみる☆

ところで、先日、来年結婚するにあたり両家ごあいさつしましたよ!来年、横浜のコンチネンタルホテルで行います。

そのときは、どうぞ宜しくお願いしますね。

ではでは、本読んでみるね!

本当におめでとう!!!


-------------------------------

ネーさんは、泣くかもしれない! 結婚式やお葬式で、ほとんど泣かないタイプなんだけど、彼女のときは、泣くかもしれないわ。ただ、うちのお父さんが「失礼発言」しないように、見張ってるから、泣いてる場合じゃないかもしれない。

06-10-17_12-30.jpg

江原啓之さんがいる、その後ろに、佐藤富雄先生と、私がいる!
posted by 矢沢雪 at 10:15 | 嬉しかったこと

2006年09月13日

ハッピーアナリストになるかも

今日、出版社の方から「作家以外の肩書きを、もうひとつ考えて欲しい」といわれてずっと考えてました。


<肩書き変更>


(1)恋愛小説家→作家

ようやくプロの出版社の方に、そう言ってもらえました。
ですから今日から自信を持って、作家と本気で名乗りつづけます!


(2)恋愛プロファイラー→ハッピーアナリスト

これは、いま案を提出中なので却下されなければ、これでいきます。

理由は「アナリスト」という言葉に惹かれたからです。

例えば、美のカリスマのひとり、岸紅子さん「ビューティーアナリスト」
シンデレラ・ブレインなどの著者、黒川伊保子さん「感性アナリスト」

このような肩書きに憧れていて、じゃあ私は「ハッピーアナリスト」と。

作家というのは、たくさんの人が名乗っている。

でも、もうひとつの肩書きは誰も名乗ってないものがいいと思ったから。

もし、却下でなければ、ハッピーアナリスト誕生となります。

この肩書き変更は自分がステップアップしたと感じる出来事。
いままでの努力が報われた気がしますね。ぴかぴか(新しい)


posted by 矢沢雪 at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嬉しかったこと

2006年09月09日

カバーイメージは井上陽水?

カバーデザインを見る瞬間が一番嬉しいですね。(作ってる時)


昨日タワーレコードに、自分の新刊カバーカラーイメージに一番近いジャケ写を探してみたんです。黒ハート


それで私の新刊のカバーカラーイメージに現在一番近いと思ったのは、私の大好きな井上陽水さんのNEWアルバム「ラブ・コンプレックス」です。


宇多田ヒカル「ウルトラ・ブルー」の雰囲気、大好きなaikoのアルバム「彼女」なんかの色も近いかな〜と思います。(色のイメージですよ)


つまり情熱的な私らしい「赤」なんですね☆


デザイナーの琴谷さんのセンスと私の感性が、とてもうまくシンクロしています。


わがままを叶えてくれた、琴谷さん、ありがとう☆


とくに本の中のイラストや、「ラブノート」なんかの案は、97%以上私の案をイラストにしてくれました。


つまり夢をカタチにしてくれたんですよね。


たとえば「二匹の猫がじゃれあっているイラストをここに入れてほしい」というリクエストに、じゃれあってはないけど、二匹の猫が寄り添っているイラストとか...。



すっご〜〜く、可愛いくて、超嬉しい〜!


文学の世界って地味なんです。だって文字の世界は、色がないから、そこにデザインが加わると一気に華やぎます。


今カバーの画像掲載できないのが残念ですが、もう少しお待ち下さいぴかぴか(新しい)


posted by 矢沢雪 at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嬉しかったこと

2006年08月06日

いつか、個展に行きたい

はじめの一歩という記事で書いたけれど、私のデビュー作「嫉妬」の製作に関わってくれたフォトグラファーの内藤氏の個展に、私は今度の新刊を持っていつか訪ねてみたい...。まだ出版に無知で何も知らなかった頃、彼女に認められたことが嬉しくてやる気に拍車がかかったともいえるから。(単純だけど)


もし、再会できたら、作家として「少し成長」した私をきっと喜んでくれるでしょう。 

posted by 矢沢雪 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嬉しかったこと

2006年08月05日

憧れの人にタイトルを褒められた

今から ちょうど一年前くらいに、私の好きな本「美人の日本語」の著者でもある山下景子さんにメルマガの相互紹介をお願いをした時のこと。

その時に私のメルマガタイトル

『美運のススメ』運命の恋人になりましょう

を褒めてくれたことがありました。(私は自分が掲載されて、嬉しかったメルマガは保存してあるのです♪)


★メルマガタイトルの意味は

「美運」美しい運命を生きるときめた私の決意

「運命の恋人」これはなんとなくロマンチック響きだから。


新刊が発売になったら、メルマガタイトルを変更しようかとも思ったのですが(新刊タイトルにね)でも新刊は「ザ・恋愛本」ってタイトルになると思いますからやめました。


私はいつもいうように作家として、恋愛指南本だけではなくてもっともっとカテゴリーをきめないで、グローバルに活躍していきたいと思っているので、メルマガは当分このタイトルのままにしようかなって思います。



--------------------------------------------------


☆『美運のススメ』運命の恋人になりましょう・・・
 すてきなタイトルのメルマガです。
 もちろん、中身も!
 
 運命の恋人って、「見つける」ものではなくて、「なる」ものだったのですね。
 
 矢沢雪さんは言います。
 「枯れない花になりましょう」
 
 そうなった時、美しい運命を生きることができるのでしょうね。
 
------------------------------------------------------------


上記が大好きな山下景子さんのコメントです。(2005.8.10号より)




posted by 矢沢雪 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嬉しかったこと

2006年08月04日

美人シンガーリンコさま

私の書籍「嫉妬」も読んで頂き、また私のメルマガ「美運のススメ」も、もう一年くらい購読してくれている美人シンガーのリンコさまいつも、ありがとうございます。お互い「アーティスト」として、大成功しますように♪



posted by 矢沢雪 at 09:47 | 嬉しかったこと

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。