2007年09月05日

No love No life

No love No life〜愛がなければ、生きられない〜

大好きな人と、一緒に生きている女性は、どことなくしあわせオーラが漂うもの。しあわせもふこうも、どこか、隠すことはできないのかもしれないね。

06-04-06_09-37~00.jpg

季節外れでも、なぜか桜が見たい気分だった。

家の近くではコスモスのアーチのある遊歩道があって、もうピンクのコスモスが咲いている。

コスモスって、秋の桜と書くんだよね。

posted by 矢沢雪 at 22:33 | 恋愛とか

2007年08月30日

空中散歩デート

そればかりやってると、イヤでもそれのプロになる、と言う言葉がある。

それはそうだと思う。

そうなると私の場合「愛される女」と「デートのプロ」かな、と思います。特定の男と二人で出かけるとか、食事、お茶とか、たまに旅行そういうのデートというなら、いままでかなり量をしていると思います。20代前半からいままでは、相手はほぼ同じ人だけど、デート『だけ』は日常茶飯事で発生してる私です。(なんかデートのコラム書きたいです〜、なにげに出版社の方へアピール♪♪)

わたしのなかで、『デートに不自由しない女になりたいっ』ていう人生の目標は、もうかなり達成してる。釣った魚に餌をやらない男性が多い中、私はかなり餌ももらってる魚だと思います。だから恋愛系の作家になったんだと思う☆

07-08-26_15-23.jpgこれは4.5日前、彼と大好きな空中散歩デートをしたときの画像。

リフト大好き!

森林の中は天然クーラーといわれるほどの、本当に涼しくて、秋の香りがして、天国までのぼっていくような空中散歩デートは、この時期、私の大好きなデートのひとつ。いつまでもデートに不自由しない、彼にとってのイイ女でいたい!

【デート・おまけ編】ここ最近よく行く店にて。この店も結構行くかもしれない。

07-08-25_12-46.jpg野菜のヘルシーハンバーグ(私はダイエット中なので、大抵、白米は食べてません。が、彼は白米てんこもりで食べるタイプ。食べても太らない人っていいよねー! 本当うらやましい〜! 家庭料理のときは、玄米と白米をまぜたり、麦をまぜたりしてやっています)
posted by 矢沢雪 at 11:14 | 恋愛とか

2007年07月28日

賞味2時間半の夏らしいプチデート

去年のいまごろは「絶対恋愛術」の脱稿の気分転換で、地元の夜祭り・花火大会に。今年はただ単に、地元の夜祭り・花火大会に出掛けることに。

携帯シャメールで必死に花火を撮ろうと格闘していると、まうしろの子供から「あの人、携帯で花火撮ろうとしてるけど、一緒に心霊写真がうつったら、どうするんだろうね〜どうするんだろね? ね? お母さんー!」など聞こえてきた。

.....そんな恐いこといわないで〜! と、思う私。

しかし携帯では、花火はうまく撮影できませんね。(笑)

去年はドラえんもんの花火とかも最後の方あがっていたけど、今年はキティちゃんの花火が最後の方に打ち上げられていました。

夜.jpg

帰り道、一杯だけカクテルを飲もうと小さなビストロへ

ついでにフルーツとデザートの盛り合わせも頼む

花火を見てから、小さなビストロへ

賞味2時間半の夏らしいプチデートぴかぴか(新しい)
posted by 矢沢雪 at 23:34 | 恋愛とか

2007年06月29日

涼やか☆デルフィニューム

応、事務のお仕事終了〜♪帰り道は嬉しくて、たくさんお花買いました。それがこのデルフィニューム。
07-06-29_09-39.jpg
とにかくブルー系のお花で、リビングを涼やかにしたかったのです。それで、ちょっとだけ観葉植物を探す旅にもでました。お金があったらすごく欲しい観葉植物があるんですが、めちゃくちゃ高いのよ〜その観葉植物!!

なにせ私がすごく欲しい観葉植物は、その店で一番高い品物。なので、ちょっと今それを買うのは無理。そのかわりといってはなんだけれど、きれいなグリーン色のトルコキキョウと、めずらしいひとえの紫のトルコキキョウを買いました。(手前はデルフィニューム、奥がトルコキキョウ)
07-06-29_11-44.jpg
そのあと、大好きな輸入雑貨のお店で、マンゴーのシャンパンを試飲。これがすっごい美味で、アニバーサリーなんかにもピッタリだと思います。で、私はそこでマンゴーとピーチのシャーベットを買って、ただいまマンゴーのシャーベット食べてます。とてつもなく、美味しい★

お花とシャーベットを買った帰り道。そこのバイト先で少ししゃべったことのある若い女の子が、彼氏とデートしてる場面に、ばったり遭遇。(とてもラブラブで、楽しそうでした〜)

やっぱり、わりとデートのある人生っていいよね♪

私の一番好きなデートは夜のドライブです揺れるハート
posted by 矢沢雪 at 13:22 | 恋愛とか

2007年06月17日

アジサイのアイス

07-06-16_14-00.jpg

涼を演出するアジサイのブルー

今週末はとてもあつかったですね。

6月は梅雨ということで、今月の恋愛の心象風景ひとつ。

雨の日に、あるカップルを見た。

アイアイ傘ではないけれど、雨の中、二人の寄り添って歩く風景が、アジサイの花にとてもマッチしていて「深い絆」をうかがわせる二人。

その雰囲気、その風情から、二人は本当に愛し合っていると伝わってくる。ブルーのアジサイは、その二人にとても美しい演出を添えて咲いていた。

アジサイは、恋愛シーンにとてもマッチする花ですね。




posted by 矢沢雪 at 13:07 | 恋愛とか

2007年06月10日

恋愛、結婚、子孫繁栄

今日、すごく早く目が覚め、昨日「しあわせ美人になりたいあなたへ」のリンクを貼ってくれているブログみつけて、少しづつ読んでいます。自分の知らないところで、自分のことをこんなふうに書いてくれてるブログをみつけると、少し驚くとともに、やはり文章を書くということを、誰かに発信するということをやっていて、よかったなと思います。「恋愛小説家」という肩書きってやっぱりいいね。

私も彼女も30代。

お互い、後悔しないようにしなくちゃね。

前回、しあわせ美人になりたいあなたへの中でお話したことを読みながら、下記の写真を見て下さい。(←ここ重要)

07-06-10_06-41.jpg(妹の結婚式より)

07-06-10_06-45.jpg(甥っ子たち)

***********************

まぐまぐプレミアム情報2007/06/08号で掲載されました。

■おすすめ!楽しく恋ができる自分作りメルマガで紹介されました。

<<<お互いが高めあえる、魂の伴侶の作り方>>>

●「しあわせ美人」になりたいあなたへ
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/51/P0005197.html

このメルマガでは主に夢を叶える潜在意識を活用して『ラブ』&『ハッピー』を基礎から強化!人生一度きり。思いどおりの恋愛や、目指すしあわせをカタチにしたいと思うことは欲張りでも何でもありません。私と一緒にウルトラハッピーになりませんか?
【 840円/月(当月無料)/ 第1水曜、第3水曜日 / アフィリエイト公開中 】ただいま読者急増中!今月はジューンブライド。『運命の恋人』とめぐりあいたい方はぜひこのメルマガをご活用ください。

http://zettai-love.seesaa.net/
posted by 矢沢雪 at 06:07 | 恋愛とか

2007年03月27日

LOVE IS ALL

07-03-10_14-25.jpg


愛が全て。

ある読者の方から、「私も愛が全てと思います」というメールを頂きました。いろんな愛があるけれど、私は「異性愛」に一番恵まれていますので、そこをお伝えするのが私のミッションだと思っています。

愛するから、愛される。

ただこれだけなのに、こんな簡単なことができない女性がとても多いのです。

とにかく仕事や趣味なんかは、いつからでも何度でも取りかえせるのだけれど、恋愛・これだけは取り返しのつかないこともあるんだよ。恋愛だけは「時間切れ」ってあるんです。

詳しくはまたセミナーの中でね。

しあわせな女になれるか
それともなれないで一生終わるのか。

女はあるときからまっぷたつに別れます。
残酷だけど真実なの...。

だから...どうか、どうか『女性性』を大切に。


-----------

今、こちらのセミナーが密かにアツイ様相を呈してきました。私の方が、恋愛一直線のアツイ女性の熱気に押さ気味...。
-----------
外見と中身のイイ男から深く愛され続ける「矢沢雪」が、あなたの恋愛を応援します!このセミナー参加者には結構私もズバリ言うわよ、ちょっと辛口なときもあるんですが、許してね。私も彼女たちの熱意に押されて、かなり本気のアドバイスをしておりますもので♪♪

posted by 矢沢雪 at 20:21 | 恋愛とか

2007年03月13日

彼のお願い。

お世辞にも上手いとはいえないなあ〜。

絵の才能が欲しい...。

私は今日イラストレーターになっていました。

でも、たまには絵もいいね。文の世界と違うのは、デッサンが終ってからの色の世界が待っているところですね。

実は彼から、明日までに会社のポスターを作ってくれってお願いされて、仕事のつもりでやりました〜! 優秀作品には3万円もらえるというので、とても気合いが入りました。(笑)

たまには、彼や彼女に「お願いがあるんだけど」とか「頼みがあるんだけど」というのはイイコトです。遠慮しあったり、気を使いあう関係はつまらないし、さびしい関係だと思います。
posted by 矢沢雪 at 19:52 | 恋愛とか

2007年02月26日

「外見も内面も磨いてますけど」というあなたへ

どんなに努力してもできないと、無力感だけを強めてしまうってことありませんか? やればやるほど、イヤになる。こんなにやってるのにって。

どんなに努力しても自力でできないことってありませんか?
私は、私なりの努力をしてるのにって。

わかります。

もうお友達の話とかメディアとかの情報にうんざりしていませんか? どれも「真実」には、ほど遠いことばっかりって。

わかります。

どんな本読んでも何も変わらないじゃないって、そのときは感動するけどっておもいませんか? この話のつづきは

---------

でも、どうしても諦めたくないものは、それは諦めてはいけないものです。『外見も内面も磨いてます。どうして私には運命の人がいないのですか?』

実は読者の方で、この声が一番多い。

きっとそういえるあなたは、努力家で美しい人なのでしょう。

『外見も内面もよくない女性だって、彼氏いますよね? どうして私はいないのですか?』確かにそうですよね。

でもこう思ってみませんか?

私は絶対に運命の素敵な彼が待っているのだから、その人も私をきっと探しているはずだって。そう思って欲しいんです。だってそうでしょう? 未来の彼だって、あなたを探しているし、待っているのです。

だからその日まで、私はイイ男から愛される価値のある女だって、心底思いながら生活してほしい。

人生って、わりと「平等」だと思います。

私も早咲きの部分と遅咲きの部分を両方持っているから、遅咲きの部分を焦る気持ちは痛いほどわかるけど、いつか咲けばいいんだよね!

posted by 矢沢雪 at 21:29 | 恋愛とか

2006年12月11日

おみやげを喜ぶことの大切さ

昨日、彼がこの「ケーキ」を買ってきました。

06-12-10_17-29.jpg

ケーキは体に良くないのは知ってるし(特に私は)そして、サンタ部分(着色料がすごそうな部分)は、食べてはいけない部分だと思っています。

「わあ〜ケーキだ、ありがとう〜!!」(ここまでで良いのに)『この部分って体に悪いんだよね!』(これは余計な言葉?)ってサンタの砂糖細工の部分をつっついてたら「そういうこと言うなってっむかっ(怒り)」って、ちょっぴりお怒りなわけですよ。詳しくは、絶対恋愛術P85を御覧下さい。(おみやげを喜ばないと、男は不機嫌になっちゃう理由が書いてあります。)

やっぱり男の人っていうのは、私が喜ぶと思って買ってきるものに対して、そういうリアクションすると(たとえ私の言ってることが正しいとしても)ちょっと、がっかりしちゃう訳だよね!  むずかしい〜あせあせ(飛び散る汗)
posted by 矢沢雪 at 11:01 | 恋愛とか

2006年09月06日

彼女は魚座のAB型

特別いい女というわけではないけれど、なぜか本能では抗えない魅力的な女性というのは存在する。現在はあまり聞かないけれど「男好きする女」という言葉がある。一体「男好きする女」というのはどういう女かご存じですか? 意外と正確に知らない人が多いんですよ。私もその一人ですけれど。


その言葉から連想するに、無類の男好きという意味なのか、男が好きになりやすいという意味なのか、それとも別の意味なのか。昔ドラマで「あのホステスは特別美人じゃないのにひっきりなしに、男が寄ってくる。ああいうのを男好きする女っていうんだよね。一体どこがいいんだろうね」といっていたのを聞いて、じゃあ、特別美人じゃないけれど、なぜか男が夢中になってしまう女という意味なのかな、と勝手に解釈した私。


しかいこれだけはいえる。


「男好きする女」といわれる女性は、間違いなく色気がある。



さて、現在10代の方〜40代の方までを対象とした恋愛本を書いております。恋愛事始めのような本なので、私自身も魂は10代に戻って書いております。


そんなとき必ず思い出すのがこの「魚座、AB型の彼女」のことです。


彼女は特別な容姿ではありませんでした。ルックスは普通に可愛いひとでしたが、ずば抜けて、服装やメイクがあか抜けていたわけでもありません。しかし、ひとたび男性が彼女と恋愛関係に落ちると、男性は彼女に惚れ狂うのです。



そんな恋愛上手な彼女は当然早婚でありました。


けれど、彼女のすごいところは、母親になっても、依然人気が衰えず、男性がやっぱり寄ってくるというところだったのです。


それもジャンルは問わず、年下の男性や年上の男性、時に一方的に男性から激しく恋をされる。その理由のひとつには、彼女は強烈に男の本能を刺激する女だったということがあげられます。私も男なら彼女の魅力にハマって、逆らえなかったと思いましたから。彼女の行動や心模様を見続けて、過去、彼女ほど男性を魅了した女性はいなかったと断言できます。


そんな『女の中の女』という、彼女の雰囲気は、可愛い、可憐、芯が強い、しっかりもの、一途、たまにふらふらする、泣き虫など。


それはブラウン管の中にいるような女よりも、私の中に華やかに存在する、私の中のモテる女ナンバーワン。現在の恋愛指南本を書くときに、彼女の優しいハミングが聴こえてくることがあるのです。


私の無料恋愛系メルマガと、次回の新刊を併用させれば『確実』にあなたの恋愛生活は活性化するでしょう。



メールアドレスを入力してボタンを押すと『美運のススメ』〜運命の恋人になりましょう〜をご購読できます。
登録フォーム


私は、あなたの恋愛生活を活性化させる自信があります。なぜなら私と関わっていく中で、恋愛成就してしまった方が大勢いるからです。結婚してしまった方も数名います。あるカップルからは昔「雪さんがいなければ、私たちは結婚していませんでした。ぜひ食事をごちそうさせてください」といわれたこともありますが、私はこのような申し出はすべて、丁重にお断りさせていただいております。(今のところ)

あなたの恋愛生活を、微力ながら応援させていただきますねぴかぴか(新しい)

何位でしょう?


posted by 矢沢雪 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛とか

2006年09月05日

インナービューティ

「....ところで、ずっと一緒にいたい女性ってどんな人ですか? 3つ条件を教えて下さい」



最近、はじめてあう男性(20代後半〜30代後半)に決まってこんな質問をしています。


外見、内面、さぞかし注文があると思いますか?


それがわりと違うんです。そしてみなさん「恥ずかしいなあ〜」っといいながら、そのわりにアツク語ってくれます!(これが恋愛だよね)


3つのうち必ずは入ってる条件があって


それは...『明るい女性』というキーワード。


な〜んだ、って思いますか? でも『暗い女性がいい』っていう男性ってあんまり聞きませんね。やっぱり恋愛とか結婚生活の維持に、明るさっていうのはかかせない要素なんだなって実感します。


特に男性が求めてる理想の女性像(というのはオオゲサだけど)には「明るさ」「明るいムードの子」これが入ります。そういえば、「おとなしい子がいい」っていう人はいますけど、『暗い人がいい』っていうひとっていませんよね。


まあ、難しいけどね〜。

ずっと一緒にいたい女性の条件3つなんて、急に聞かれて、照れながらも快くお話してくれるシャイな男性陣に幸あれ♪(←余計なお世話

何位でしょう?
posted by 矢沢雪 at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛とか

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。