2007年10月21日

キャンドルホルダー

そんなに重症ではないけれど、カゼのため、寝てばかり。

寝てばかりいると、へんな時間に目が覚めてしまう。

1Fリビングに降りて、アップルティーを作った。

これから年末までのあいだは、とても好きな季節。

07-10-21_05-07.jpg

これは以前、引っ越し祝いで友人から頂いたアンティークでおしゃれなキャンドルホルダー。『あたたかくて、おしゃれなものが好き』という、わたしの言葉を考慮して選んでくれたもの。(笑)

キャンドルね...一時アロマキャンドルに凝っていて、お風呂を真っ暗にして、アロマキャンドルを持って幻想的な気分に浸っていたことがあったけなあ〜。

これからの時期、またちょっとキャンドルに凝ってみたくなっている(時期的な気持ちなのでしょうけど)

そういえば数年前、夜遅くに友人と表参道の小径を散策中、突如としてキャンドルにあふれた素敵なお店と出会ったことがある。「うわ〜きれいだね〜!!」と、店の外のオープンスペースに置いてあるキャンドルに見とれていると、ちょっとイイ男が(店員)がでてきて、「中にもありますよ。外は寒いから、よろしければ中へはいってください。」(つまり店内で飲食してくださいという意味もあると思われる、店側の声かけなのですが)私と友人は、顔を見合わせて「はいろうか?」「うん」といって、つい店の中にも入ってしまった。(すぐ罠にはまる女たち)

店内もおしゃれなキャンドルで溢れていて、テーブルコーディネートも、かわいいキャンドルでしたが、肝心の味があんまり....よくなくてね。食欲を肩すかしされると、どうしてあんなにがっかりするのだろう? 店に入るまでの喜びや期待感が一気に消滅してしまったことをよく記憶している。

店を出るときには、暗黙の了解という雰囲気で「食べ直ししようか!」「もう絶対に食べ直すよ!あれじゃゼンゼン満足できないもんね!」ってノリで、その後、渋谷の有名焼き鳥店で大量の焼き鳥を食べたのであった。

そんな思いでがよみがえるね。キャンドルといえば...



posted by 矢沢雪 at 05:39 | おしゃれスタイル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。