2007年03月18日

『馬車道』という響き

私は神奈川で育ったんですが、実家のほうは、飛行機の騒音公害もあって、テレビの音が聞こえないとかザラでしたね。いまにも落ちてくるんじゃなかっていうくらい、基地の飛行機が低空で飛んでいたりして、本当に恐かった。特に航空ショーのような時とか、演習の時のキーンとかヒュー、ゴーンって音が。

実家付近はあまり好きではなかった私だけれど、少し足をのばせば駅名、地名が美しいところが多くて、気に入っていた場所は結構ありました。

すぐに思いつくの地名は「桜木町」「紅葉坂」「馬車道」「山手」「港の見える丘公園」「元町」「石川町」「江ノ島」「逗子マリーナ」「鵠沼」「茅ヶ崎」「葉山」「鎌倉」「材木座」「由比ガ浜」「七里ガ浜」など。

この中でも特に『馬車道』という響は、ノスタルジックで好きでした。「伊勢佐木町」とか「黄金町」はちょっと、日活映画のロケ地っぽい感じがわりと好きだった。

今思うと、ホント駅名とか地名の美しい場所というのは、やはり美しい雰囲気がする街が多いです。やっぱり美しい響きは、美しい雰囲気を作るのだなって改めて思います。
posted by 矢沢雪 at 21:13 | お花や言葉のコレクション
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。