2007年03月12日

信州・善光寺 母の念い

今日は整理整頓の一日でした。

いつも「捨てる」「捨てられない」で葛藤するのですが、風水は軽く信じてるけど、まだまだ捨てることに徹することができないなぁ。まあ、だいぶ捨てられるようにはなったけど。

でも、人からみたら「くだらない」ものでも、捨てたくないものもあるよ。

そして、今日いろいろなものが出てきた。

もらった時は気にもしてなかった数珠がある。

数年前に母からもらった数珠。

信州・善光寺と書いてあった。

やっぱり母親は娘を案じているんだって思います。念い(おもい)という文字と出会った時、瞬間母親の顔が浮かびました。

おもうという漢字も色々あります。

娘をおもう

娘を思う

娘を想う

『娘を念う』

私の母は、すごく心配性な人だから『念う(おもう)』という文字が似合う人なのです。
posted by 矢沢雪 at 19:41 | お花や言葉のコレクション
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。