2006年09月06日

彼女は魚座のAB型

特別いい女というわけではないけれど、なぜか本能では抗えない魅力的な女性というのは存在する。現在はあまり聞かないけれど「男好きする女」という言葉がある。一体「男好きする女」というのはどういう女かご存じですか? 意外と正確に知らない人が多いんですよ。私もその一人ですけれど。


その言葉から連想するに、無類の男好きという意味なのか、男が好きになりやすいという意味なのか、それとも別の意味なのか。昔ドラマで「あのホステスは特別美人じゃないのにひっきりなしに、男が寄ってくる。ああいうのを男好きする女っていうんだよね。一体どこがいいんだろうね」といっていたのを聞いて、じゃあ、特別美人じゃないけれど、なぜか男が夢中になってしまう女という意味なのかな、と勝手に解釈した私。


しかいこれだけはいえる。


「男好きする女」といわれる女性は、間違いなく色気がある。



さて、現在10代の方〜40代の方までを対象とした恋愛本を書いております。恋愛事始めのような本なので、私自身も魂は10代に戻って書いております。


そんなとき必ず思い出すのがこの「魚座、AB型の彼女」のことです。


彼女は特別な容姿ではありませんでした。ルックスは普通に可愛いひとでしたが、ずば抜けて、服装やメイクがあか抜けていたわけでもありません。しかし、ひとたび男性が彼女と恋愛関係に落ちると、男性は彼女に惚れ狂うのです。



そんな恋愛上手な彼女は当然早婚でありました。


けれど、彼女のすごいところは、母親になっても、依然人気が衰えず、男性がやっぱり寄ってくるというところだったのです。


それもジャンルは問わず、年下の男性や年上の男性、時に一方的に男性から激しく恋をされる。その理由のひとつには、彼女は強烈に男の本能を刺激する女だったということがあげられます。私も男なら彼女の魅力にハマって、逆らえなかったと思いましたから。彼女の行動や心模様を見続けて、過去、彼女ほど男性を魅了した女性はいなかったと断言できます。


そんな『女の中の女』という、彼女の雰囲気は、可愛い、可憐、芯が強い、しっかりもの、一途、たまにふらふらする、泣き虫など。


それはブラウン管の中にいるような女よりも、私の中に華やかに存在する、私の中のモテる女ナンバーワン。現在の恋愛指南本を書くときに、彼女の優しいハミングが聴こえてくることがあるのです。


私の無料恋愛系メルマガと、次回の新刊を併用させれば『確実』にあなたの恋愛生活は活性化するでしょう。



メールアドレスを入力してボタンを押すと『美運のススメ』〜運命の恋人になりましょう〜をご購読できます。
登録フォーム


私は、あなたの恋愛生活を活性化させる自信があります。なぜなら私と関わっていく中で、恋愛成就してしまった方が大勢いるからです。結婚してしまった方も数名います。あるカップルからは昔「雪さんがいなければ、私たちは結婚していませんでした。ぜひ食事をごちそうさせてください」といわれたこともありますが、私はこのような申し出はすべて、丁重にお断りさせていただいております。(今のところ)

あなたの恋愛生活を、微力ながら応援させていただきますねぴかぴか(新しい)

何位でしょう?


posted by 矢沢雪 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20557978

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。